トイレつまりが起こる原因とは

トイレのつまりが起こることの原因について見てみましょう。つまりの主な原因についてですが、これはトイレットペーパー以外のもの、水溶性でない紙、固形物などを流してしまうことが理由として考えられます。

トイレットペーパー例えば、新聞紙やウエットティッシュ、キッチンペーパー、トイレットペーパーの芯、生理用品といったものです。こうしたものを流してしまったということはないでしょうか。通常のトイレットペーパーの場合だと、水に溶けやすいようにできているのですが、それ以外の紙製品の場合は意外と頑丈にできており、水にも溶けにくいところがあるのです。ちなみに、ペットを飼っている人の場合、流せるペットの砂というものもあるでしょう。それを流してしまうことによってトイレの詰まりが出てしまうケースもあるのです。もちろん普通に流せるものもありますが、一気にたくさん流してしまうことによってつまりの原因になることもあります。

さらに、長年トイレを使い続けることによって、配水管の部分に汚れが蓄積されてしまい、トイレがつまってしまうということが考えられるわけです。そのため、トイレがつまってどうしようもないときには、迷わず業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。

『参考サイト』
【トイレつまりの予防方法と万が一の際の対策方法】 | 水トラブル専門ポータル【水回りのカイケツ君】

Pocket