トイレつまりが起こる原因とは

トイレのつまりが起こることの原因について見てみましょう。つまりの主な原因についてですが、これはトイレットペーパー以外のもの、水溶性でない紙、固形物などを流してしまうことが理由として考えられます。

トイレットペーパー例えば、新聞紙やウエットティッシュ、キッチンペーパー、トイレットペーパーの芯、生理用品といったものです。こうしたものを流してしまったということはないでしょうか。通常のトイレットペーパーの場合だと、水に溶けやすいようにできているのですが、それ以外の紙製品の場合は意外と頑丈にできており、水にも溶けにくいところがあるのです。ちなみに、ペットを飼っている人の場合、流せるペットの砂というものもあるでしょう。それを流してしまうことによってトイレの詰まりが出てしまうケースもあるのです。もちろん普通に流せるものもありますが、一気にたくさん流してしまうことによってつまりの原因になることもあります。

さらに、長年トイレを使い続けることによって、配水管の部分に汚れが蓄積されてしまい、トイレがつまってしまうということが考えられるわけです。そのため、トイレがつまってどうしようもないときには、迷わず業者に依頼して修理してもらうようにしましょう。

トイレの構造を知ろう

トイレの見た目はとても単純なものですが、ここではその構造について紹介します。構造を知っておくことによって、トイレのつまりを避けることができる可能性をアップできます。

トイレまずはトイレタンクについてです。トイレタンクは、トイレを次回流すために水を溜めておくためのものです。洋式便器の場合には、大体このタンクが付いています。フローとバルブ、オーバーフロー管、浮き球、ボールタップ、レバー、鎖、手洗カランといったもので構成されています。ただし、タンクレストイレ、ベッドサイドトイレといったものに関しては違った構造となっています。トイレタンクはレバーをひねることによってタンクにある水が流れます。バルブが閉じるとタンクに水がたまりはじめ、一定量の水がタンクにたまると給水が止まる仕組みになっています。

便器についてですが、便器自体の構造は一見単純に見えます。しかし、排水部に続く配管については複雑な形をしています。複雑であるからこそ、トイレットペーパー以外のものを流すとつまりの原因になる場合が出てくるわけです。水の勢いを確保するためには、大量の水が必要になってきます。そのため、水の流れる量を減らすことは絶対に避けるように心がけなければなりません。

トイレのつまりと構造と原因

トイレのつまりというのは、家庭環境によっては驚くほどの頻度で起こることがあります。「なんでつまってしまうんだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、つまる理由はある程度決まっています。簡単に言うと、想定外の使い方をしているためです。どんな風にトイレを使っているかを考えてみると、なぜつまりが起こったのかが分かるはずです。

トイレつまりが起こる原因を知るためには、トイレの構造を知ることが一番の近道です。トイレの中がどのようになっているのかを知れば、どうして起こるのかを知ることができるという単純な話なのですが、実はトイレ便器というのはとても繊細な造りになっています。そのため、ちょっとした異物が流れてきただけでもつまってしまう可能性があるわけです。 この異物というのは、トイレットペーパー以外のものとなります。例えば、食べ物であったり、ティッシュペーパーであったりするわけです。ペット用の砂を流すという人もいるわけですが、それが溶けることなく流れることによって、つまりになってしまうわけです。

便器の種類によって造りは違いますが、異物を流すことができないことには変わりはありません。対策としては、とにかく溶けないものを流さないということにおいて意識を持つしかありません。 このサイトでは、便器の構造についてもう少し詳しく知ってもらいたいと思います。便器がつまる原因についてもここで詳しく紹介します。