トイレの構造を知ろう

トイレの見た目はとても単純なものですが、ここではその構造について紹介します。構造を知っておくことによって、トイレのつまりを避けることができる可能性をアップできます。

トイレまずはトイレタンクについてです。トイレタンクは、トイレを次回流すために水を溜めておくためのものです。洋式便器の場合には、大体このタンクが付いています。フローとバルブ、オーバーフロー管、浮き球、ボールタップ、レバー、鎖、手洗カランといったもので構成されています。ただし、タンクレストイレ、ベッドサイドトイレといったものに関しては違った構造となっています。トイレタンクはレバーをひねることによってタンクにある水が流れます。バルブが閉じるとタンクに水がたまりはじめ、一定量の水がタンクにたまると給水が止まる仕組みになっています。

便器についてですが、便器自体の構造は一見単純に見えます。しかし、排水部に続く配管については複雑な形をしています。複雑であるからこそ、トイレットペーパー以外のものを流すとつまりの原因になる場合が出てくるわけです。水の勢いを確保するためには、大量の水が必要になってきます。そのため、水の流れる量を減らすことは絶対に避けるように心がけなければなりません。

Pocket